骨粗鬆症を改善!骨太ねっと

-骨粗鬆症を引き起こす様々な原因を解説-

骨太ねっとトップ > 治療について橈骨遠位端骨折の治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

橈骨遠位端骨折の治療

橈骨遠位端骨折とは、簡単に言い表せば手首の骨折です。
若い人であれば、少し手をついたくらいでは骨折はしません。
高齢者になると、骨がもろく弱くなっているものです。

立ち上がろうとして少し手首をついただけでも骨折してしまう場合があります。
転倒して手をついた拍子に、手首の少し上の部分が折れてしまうことも少なくありません。

骨折の治し方

橈骨遠位端骨折をした場合、ギプスなどで固定します。
しかし、重症のときは手術をしなくてはいけない場合もあります。
折れた衝撃で少し骨がずれてしまった場合は、固定して元に戻す方法も取られます。
骨折部のずれが大きい場合、そのずれを元に戻してギプスなどで固めます。

骨組織は再生能力が高いため、骨折した部分は通常であれば自然に治っていきます。
しかし、折れた部分が離れていたり、ぐらぐらするようだとうまくくっつきません。
きちんと固めることが大切です。

ギプスで固める場合

橈骨遠位端骨折でギプスで固める期間とは、4週間から5週間程です。
その間は、手首がうまく使えません。
不便かもしれませんが、我慢するしかありません。
この間、手の痺れや痛みがある場合は、ギプスがきつく締めすぎている可能性があります。
病院でもう一度新しくギプスをしてもらいましょう。

骨折後はリハビリも大切です。
ギプスをはずしたら、積極的に関節を動かすことが必要なのです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加