骨粗鬆症を改善!骨太ねっと

-骨粗鬆症を引き起こす様々な原因を解説-

骨太ねっとトップ > 治療について転倒を予防するために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転倒を予防するために

転倒を予防するには、、地面をよく見てゆっくり歩くことが大切です。
高齢者になると足が上げにくくなります。
少しの段差でもつまづいて転倒してしまうことがあります。
小さな段差でも気をつける必要があるのです。
一緒に隣を歩いている人がいるのであれば、その人につかまって歩くようにしましょう。
杖をついて歩くのも、転倒予防に効果的です。

高齢者になると、目も悪くなってくる人も多いかと思います。
杖をつけば地面が平らかどうか確認することができます。

転びやすい道

雪の降った後は、地面が凍って滑りやすくなっています。
高齢者以外にも転倒してしまう人も多いかと思います。
足が悪い高齢者ならなおさらです。
雪が降った後は、なるべく歩かない方が良いでしょう。
どうしても必要であれば、しっかりした靴を履くのがポイントです。

歩くときは、大股ではなく小さな歩幅で、少しずつ歩いていくことが大切です。
雪道で自転車に乗ると、スリップをして、転倒をしてしまうこともあります。
雪道では自転車に乗るのは控えましょう。

サポートと注意を

高齢者はちょっとしたことでも転倒してしまいます。
なので、周りの人がサポートしてあげることも大切です。
段差や雪道はなるべく避けて通るようにしましょう。
少し歩くスピードを緩め、地面をよく見て歩くことで転倒は予防することができます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加