骨粗鬆症を改善!骨太ねっと

-骨粗鬆症を引き起こす様々な原因を解説-

骨太ねっとトップ > 治療について骨粗鬆症の運動療法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

骨粗鬆症の運動療法

骨粗鬆症の予防には、適度な運動が必要です。
日頃から運動をしていると骨密度は高くなり、強い骨を作ることができます。

具体的にどのような運動をするのが良いでしょうか。
ウォーキングや、水中ウォーキング、またダンベルなどの筋力トレーニングがおすすめです。
骨に適度に刺激を与えることが大切なのです。

骨密度を高めるには

スポーツ選手の骨密度は、一般的な人より高いと言われています。
負荷の少ない水泳選手は、負荷の大きい陸上選手に比べると、骨密度は低めです。

骨密度の高い骨を作るには、できるだけ負荷の大きい運動をすることです。
前述したウォーキングの他に、ランニングも負荷の大きい運動です。
ウォーキングをしながら、ダンベルや、砂を入れたペットボトルを持つなどすると、
より負荷を高めた運動をすることができます。

適度な運動を

もし骨粗鬆症になってしまったら無理な運動は禁物です。
少しの衝撃で骨が折れてしまう可能性もあります。
足元に気をつけつつ軽い散歩を続けましょう。
骨粗鬆症の進行を防いでくれます。

日光に当たるのも大切です。
日中の散歩なら日の光に当たることもできます。
足の骨も動かせ、まさに骨粗鬆症にはうってつけの運動になります。
少しずつで良いので、軽い運動を継続しましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加