骨粗鬆症を改善!骨太ねっと

-骨粗鬆症を引き起こす様々な原因を解説-

骨太ねっとトップ > 症状について脊椎圧迫骨折(症状・治療等)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脊椎圧迫骨折(症状・治療等)

背骨のことを、医学用語では脊椎と呼びます。
脊椎圧迫骨折とは、つまり背骨の骨が折れてしまう状態です。
脊椎がつぶされ、骨が変形した結果起こる骨折のことを指します。

骨粗鬆症が進むと、骨が弱くなり、少しの衝動で脊椎を骨折してしまいます 例えば重たい荷物を持ったり、階段の段差が大きいところを歩いたり......。
転んだり、しりもちをついたり、くしゃみをするだけでも脊椎圧迫骨折は起こり得ます。

痛みが残ることも

脊椎圧迫骨折の症状として、痛みが残る場合があります。
通常、骨折しても骨が固まるため、痛みもなくなっていくものです。
しかし骨粗鬆症が進んでいると、折れた部分が固まらなくなってしまうことが少なくありません。

その時は痛みがなくなったとしても、数ヵ月後に足のしびれや痛み、
動きにくいなどの症状がでる場合もあります。

痛みが大きい場合

治療法の一つとしては、コルセットが挙げられます。
コルセットを巻いて、安静にしていることにより、痛みは軽くなっていきます。
少しずつ動けるようにはなりますが、1ヶ月程は痛い思いをするかもしれません。
痛みが大きい場合、鎮痛剤を注射したり、服用したり、下剤を入れる場合もあります。

さらに重症の場合、手術をしたり、入院をしたりすることもあります。
一度つぶれてしまった脊椎は、元に戻ることはありません。
そのため何箇所も骨折すると、どんどん脊椎がつぶれていきます。
一生背が丸いままになってしまうので、注意しましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加