骨粗鬆症を改善!骨太ねっと

-骨粗鬆症を引き起こす様々な原因を解説-

骨太ねっとトップ > 症状について骨粗鬆症の主な症状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

骨粗鬆症の主な症状

骨粗鬆症の主な症状は、背中の痛みや腰痛など様々です。
高齢者の骨粗鬆症では、背中が丸まったり、手足の骨が簡単に骨折するなどが挙げられます。
初期の段階の骨粗鬆症は自覚がないことがほとんどです。
ちょっと転んだ拍子に骨折するといったこともあります。

骨折しやすい部位は、背中、腕の付け根、手首、足の付け根です。
重たい荷物を持ったり、段差の大きい階段を上ったり、下りたりするだけでも、骨折リスクがあります。

さまざまな症状

骨粗鬆症の症状は様々です。
背が縮んだり、背中や腰が曲がったり、背中や腰の痛みによって動きが不自然になったり......
腰の痛みでレントゲンをとってみると、椎間板などには異常がないことがほとんどです。
さらに息切れしやすくなったり、お腹がすぐにいっぱいになったりというのもよくある症状です。

姿勢が悪くなって洋服が似合わなくなったり、掃除が億劫になったり。
洗濯物を干すのがつらかったり、外出がつらかったり......
これらも骨粗鬆症の症状かもしれません。

日常生活のサイン

骨粗鬆症のサインは、日常生活を送っていると大したことはないと見逃しがちです。
骨粗鬆症の初期の段階では自覚症状も乏しい為、早めにサインを感じ取ることが大切です。
ちょっとしたことでも、老化のせいにせず、骨粗鬆症を疑うようにしましょう。
早期の発見によって、最悪な場合、骨折を免れることができるかもしれません。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加