骨粗鬆症を改善!骨太ねっと

-骨粗鬆症を引き起こす様々な原因を解説-

骨太ねっとトップ > 予防法を考える骨粗鬆症を予防するための食事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

骨粗鬆症を予防するための食事

骨粗鬆症は骨の病気です。
食事内容に少し気をつけてみませんか。
骨粗鬆症になりにくい体を作ることができます。
骨粗鬆症に効果的なものといえば、やはりカルシウムでしょう。

カルシウムは、乳製品、大豆製品、小松菜、小魚、干しえびなどに多く含まれています。
献立の例としては、納豆ご飯に、豆腐の味噌汁、小松菜のおひたしにデザートにヨーグルトなど。
骨粗鬆症を予防できる食事です。

ビタミンD

次に大切な栄養素は、ビタミンDです。
ビタミンDは、鮭、鰻、秋刀魚、めかじきなどの魚や、きくらげなどに多く含まれています。
鮭などの魚は、焼くだけでなく、ムニエルにしたり煮込んだりと多彩な方法でおいしく食べられます。

安い時に買って1週間に1回程食べると良いと思います。
鰻は高価なので、なかなか食べる機会はないかもしれません。
土用の丑の日などイベントを利用して食べてみましょう。

ビタミンK

ビタミンKも大切な栄養素です。
ビタミンKは、卵、納豆、小松菜、ほうれん草、ブロッコリーなどに多く含まれています。
納豆にはカルシウムも含まれています。
骨粗鬆症予防にはうってつけの食品です。

毎日納豆を食べていると、骨粗鬆症にならずに済むかもしれません。
骨粗鬆症にならないためには、バランスの取れた食事が大切です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加