骨粗鬆症を改善!骨太ねっと

-骨粗鬆症を引き起こす様々な原因を解説-

骨太ねっとトップ > 予防法を考える骨粗鬆症を予防するための生活習慣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

骨粗鬆症を予防するための生活習慣

骨粗鬆症になる前に、若いうちから対策をしましょう。
まず、なんと言ってもカルシウムを十分に摂取するということです。
若いうちにカルシウムをたっぷりとっておくと、骨に蓄積されます。
老後も、強い骨が期待できます。

また、偏食や過度なダイエットを見直しましょう。
栄養が十分いき渡らないと、骨ももろくなってしまいがちです。
栄養バランスを考えた食事をすることが大切なのです。

骨に悪いことと良いこと

大量のタバコの摂取、飲酒も控えた方が良いでしょう。
タバコには様々な悪影響があります。
飲酒も少しなら良いものの、毎晩、毎晩大量の酒を飲むのは、体にとって害です。

日光にも良く当たるようにしましょう。
体が元気になり、骨も丈夫な骨が作られます。
適度な運動も大切です。
よく晴れた日に散歩をするのも、骨粗鬆症を予防する生活習慣になるでしょう。

毎日の積み重ねを

毎日、少しずつ骨粗鬆症の予防をすることが大切です。
毎日の積み重ねが、老後の骨粗鬆症を決めるといっても過言ではないでしょう。
現代では車が増え、少しの距離でも車で移動することが多くなりました。
一駅分歩いたり、エスカレーターやエレベーターではなく階段を上るなどして、
できるだけ運動量を増やすことも大切です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加