骨粗鬆症を改善!骨太ねっと

-骨粗鬆症を引き起こす様々な原因を解説-

骨太ねっとトップ > 骨粗鬆症と間違えやすい病気結核性脊椎炎(原因・症状・治療等)-骨粗鬆症と間違えやすい病気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結核性脊椎炎(原因・症状・治療等)-骨粗鬆症と間違えやすい病気

結核性脊椎炎は、肺からの結核菌が血液の中に入り込みそのまま運ばれて起こる病気です。
炎症を起こす部位を多い順に表すと、腰椎、胸椎、胸腰椎となっており、頚椎はまれです。

まず椎体が破壊され、次に椎間板に移行します。
それが進行していくと、隣接している椎体にも影響がでてきます。
脊柱が変形すると、脊髄の麻痺や心肺機能の障害になることもあります。
最近では、HIV感染が、結核感染の原因にもなると言われています。

結核性脊椎炎の原因

結核性脊椎炎の原因は、大部分が肺に形成された結核菌が、血液中に運ばれ起こります。
まれに泌尿器が原因になる場合もあり、明らかに肺に異常が見受けられないケースもあります。
この病気の発生頻度は減少傾向になっていますが、まだまだ高齢者の患者も多くいます。
症状としては、微熱や食欲不振、全身の倦怠感などが挙げられます。

また、局所的には、背中や腰の痛み、脊柱の硬直なども症状として現れることもあります。

結核性脊椎炎の治療法

結核性脊椎炎の治療法としては、化学療法が最もポピュラーな方法です。
結核菌をやっつける薬を飲むことによって、
結核性脊椎炎を保存的に治療することができます。
重症になるまで進行してしまい、骨の破壊が著しい場合や、脊髄が麻痺してしまった場合などは
手術をする場合もあります。

結核性脊椎炎は結核が原因になることが少なくありません。
結核になってしまったら、この病気にならないように検査をし、事前に予防することが大切です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加