骨粗鬆症を改善!骨太ねっと

-骨粗鬆症を引き起こす様々な原因を解説-

骨太ねっとトップ > 骨粗鬆症と間違えやすい病気腎性骨異栄養症(原因・症状・治療等)-骨粗鬆症と間違えやすい病気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腎性骨異栄養症(原因・症状・治療等)-骨粗鬆症と間違えやすい病気

腎性骨異栄養症は、骨の病気です。
腎不全によってカルシウムやリンの電解質の障害を起こすことで発症します。
ビタミンDの活性化障害によって起こるケースもあります。
腎不全の症状が進むと、骨にアルミニウムが蓄積するなどして、骨に様々な変化を起こします。

腎性骨異栄養症は、腎不全が原因です。
長い期間人工透析することで起こる合併症なのです。
なので、透析骨症と呼ばれる場合もあります。

腎性骨異栄養症になると

腎性骨異栄養症になるとやがて骨が溶け出します。
骨の代謝が高まり、骨からカルシウムが溶け出す骨吸収が盛んになった結果、
骨形成が追いつかなくなるからです。
骨関節に痛みが起こったり、骨折しやすくなってしまいます。
体内のカルシウム量が異常になるので、皮膚が痒くなったり、筋肉の低下が起こったりします。
皮膚上に潰瘍ができる場合もあります。

ビタミンDが不足したり、骨にアルミニウムが溜まると、骨がやわらかくなります。
そのため骨の形が変わってしまうこともあります。

腎性骨異栄養症の治療法

リンが体の中に溜まらないようにする処置や、低たんぱくの食事療法
腎性骨異栄養症の治療です。
人工透析を行う際は、透析液の内容や、透析膜を変える場合もあります。
活性化しているビタミンDをとることによって、骨の軟化、痛み、骨折を防ぐこともできます。

腎性骨異栄養症も骨の病気で、骨粗鬆症と似ています。
しかし両者は違う病気です。
きちんと区別をして、症状に合った治療をすることが大切です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加