骨粗鬆症を改善!骨太ねっと

-骨粗鬆症を引き起こす様々な原因を解説-

骨太ねっとトップ > 骨粗鬆症と間違えやすい病気骨軟化症(原因・症状・治療等)-骨粗鬆症と間違えやすい病気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

骨軟化症(原因・症状・治療等)-骨粗鬆症と間違えやすい病気

骨軟化症とは、骨の成長が終わった成人に起こる病気です。
骨や軟骨に石灰化障害が起こり、石灰化していない類骨と呼ばれる骨が増加します。
これに対し、骨が成長しきっていない子供に起こるものをくる病と呼ぶことで、区別しています。

骨粗鬆症の場合、類骨の割合が正常で、全部の骨の量が減少します。
対して骨軟化症には、類骨と全部の骨の量が変わらないといった特徴があります。

骨軟化症の原因

骨軟化症の原因は、以前はビタミンDの不足が主でした。
しかし現在ではビタミンD抵抗性くる病の成人型が主流になっています。
これは、腎尿細管のリンの再吸収にあたって、障害が出てしまうことが原因とされています。
他にも、骨や軟骨の腫瘍や、がんなども原因になることがあります。
骨軟化症は、骨粗鬆症と同じように、初期には何の症状もない場合が多いです。

病気が進行すると、背中や腰、股関節やひざ関節、足の痛みなどの症状が現れます。
そこで初めて病気に気づくことも少なくありません。
さらに進行すると、足の筋力低下による歩行障害、脊柱の変形などが起こる場合もあります。

骨軟化症の治療法

骨軟化症の治療法として、日光浴などの生活習慣の改善や、
薬物療法として、ビタミンDを投与します。
また、リンの投与をする場合もあります。

そのような薬物投与をした場合、どれくらい効き目があるのか、
定期的に採血や採尿をして、調べていきます。
足が変形してしまった場合などは、骨を正常にするような方法をとったり、 手術をする場合もあります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加