骨粗鬆症を改善!骨太ねっと

-骨粗鬆症を引き起こす様々な原因を解説-

骨太ねっとトップ > 検査について骨粗鬆症の診断基準

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

骨粗鬆症の診断基準

骨粗鬆症は、X線と骨量測定の結果で診断することができます。
判断基準はYAMといった単位が用いられます。
YAMというのは、young adalt meanの略です。

閉経前の20歳から44歳までの女性の骨密度の平均値のことです。
若年成人平均とを意味します。
骨密度の平均値と比較することによって、骨粗鬆症かどうか判断することができます。

YAMの基準

骨折がない場合も、YAM70パーセント以下であれば、骨粗鬆症と判断されます。
YAM70パーセントから80パーセントの場合は、骨量が減少しています。
骨粗鬆症の予備軍です。

80パーセント以上であれば、一応安心ですが、油断は禁物です。
骨は加齢と共に少しずつ減っていくものです。
後々に80パーセント以下になる可能性もあるので、注意が必要です。

骨折経験の有無

骨折があるかないかも判断基準となります。
骨折がある場合、YAMの70パーセントから80パーセント以下でも、骨粗鬆症と判断されます。
ここで言う骨折とは交通事故などによって折れてしまった骨折ではありません。
骨が弱くなったため、少しの衝撃で骨折してしまうことを指します。

骨粗鬆症は骨折の有無と、YAMで判断できます。
自分の骨量や骨密度が気になったら、病院で調べてみましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加