骨粗鬆症を改善!骨太ねっと

-骨粗鬆症を引き起こす様々な原因を解説-

骨太ねっとトップ > 検査についてMD法 - 骨粗鬆症の検査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MD法 - 骨粗鬆症の検査

MD法では人差し指の根元の骨をアルミニウム板と一緒にX線で撮影します。
その写真の影の濃度を分析し、骨密度を測るのです。
超音波法と同様に、骨粗鬆症であるかをおおまかに調べることができます。
指の骨量が減っている高齢者向けです。

若い人だと結果がでにくい傾向があります。
もっと詳しく調べたい場合、DXA法などの他の検査も受けておくと、安心です。

MD法のメリット

人差し指は海綿骨が多い部位とは異なり、早い段階で骨粗鬆症を判断することができません。
薬によって治療した結果も測定することができないといったデメリットもあります。
MD法で骨密度が減っているといった結果が出た場合、
他の箇所でも骨密度が減っている可能性があります。
その時は、DXA法などで再検査をした方が良いでしょう。

MD法は簡単に検査できることがメリットです。
最初にMD法で検査を行い、その結果によって他の方法で再検査するのもおすすめです。

MD法の測定方法

MD法の測定の方法は、アルミニウム板の貼ってある板の上に、両手を乗せるだけです。
ベッドに横になる必要もなく、とても簡単に骨粗鬆症かどうか調べることができます。

前述したように、指の骨でしか判断することができません。 全身を測定できるDXA法に比べると、
精度はあまり高くありません。
結果を目安にするだけにしても、もし異常や不安があれば再検査をおすすめします。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加