骨粗鬆症を改善!骨太ねっと

-骨粗鬆症を引き起こす様々な原因を解説-

骨太ねっとトップ > 原因についてエストロゲンの減少による骨粗鬆症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エストロゲンの減少による骨粗鬆症

エストロゲンが減少すると、骨粗鬆症が起こりやすくなります。
骨粗鬆症になると、骨からカルシウムが溶け出し、骨密度が減っていってしまいます。
骨の大きさは変わらないのに、中の密度だけが減っていってしまうので、
非常にもろい骨になってしまうのです。

骨が生まれ変わるためには、破骨細胞と骨芽細胞といった二つの細胞が重要です。
エストロゲンは、破骨細胞が骨を分解していく速さを調節し、骨の量を維持するような働きをしています。
このような重要な働きをしているエストロゲンが減少することによって、
骨密度と骨量のバランスがとれなくなってしまい、骨粗鬆症が起こってしまうことがあります。

エストロゲンが減少してしまったら

このように、丈夫な骨を作るためには、カルシウムだけでなくエストロゲンという物質も大切です。
エストロゲンが減少してしまっても、補充が可能です。
今は注射などでもエストロゲンを増やすことができます。
しかし、副作用もあるので、病院でも扱いは慎重です。

エストロゲンを増やすには

エストロゲンを増やすには、サプリメントで補うといった方法もあります。
病院に行って骨粗鬆症だと分かれば、薬も処方されます。
放っておいても、エストロゲンは増えることはありません。
加齢と共に、何かしら対策をとっていくことが大切になってくるでしょう。
加齢が進むにつれ、エストロゲンもどんどん減っていくので、補充してあげることが重要です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加