骨粗鬆症を改善!骨太ねっと

-骨粗鬆症を引き起こす様々な原因を解説-

骨太ねっとトップ > 原因について骨粗鬆症と年齢の関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

骨粗鬆症と年齢の関係

骨粗鬆症は、高齢者だけの病気だと思っていませんか。
骨粗鬆症は女性に多い病気です。
閉経が終わる頃の50歳前後になると、骨の量が急激に減少していきます。
60代では2人に1人、70歳以上になると、10人に7人もの人が骨粗鬆症になっています。

60代では50パーセントの人が、70歳以上だと、70パーセントもの人が、
骨粗鬆症になっていると言えるでしょう。
これだけ大きな数字になると、高齢者のほとんどが骨粗鬆症になっているといっても良いかと思います。

若い人の骨粗鬆症

最近は、偏食や過度なダイエットなどにより、骨量が減少してしまい、
若い女性の間でも骨粗鬆症が広がっているという問題もあります。
加齢によって起こる骨粗鬆症は仕方がない部分もあります。
しかし若いうちに骨粗鬆所になってしまう場合、生活習慣に問題があります。

若いうちならまだ間に合うので、その生活習慣を変え、規則正しい食生活をしましょう。
適度な運動などもして、骨量を多くしていくことが大切です。

骨粗鬆症の改善

骨粗鬆症は高齢者だけでなく、若い人の間でも広がっています。
普通に生活をしていれば、若いうちに骨粗鬆症になるといったことはありません。
骨粗鬆症になってしまったら、今の生活を改め、どんどん変えていくようにしましょう。
若いうちであれば、少しずつですが、骨粗鬆症を治すことができると思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加