骨粗鬆症を改善!骨太ねっと

-骨粗鬆症を引き起こす様々な原因を解説-

骨太ねっとトップ > 原因について糖尿病の人の骨粗鬆症リスク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

糖尿病の人の骨粗鬆症リスク

糖尿病は1型と2型の二種類に分類されます。
1型はすい臓で分泌されるインシュリンが壊され、大幅に生産が追いついていない状態です。
インシュリン依存型とも呼ばれ、血糖値が上昇気味なのが特徴です。
2型はインシュリンの分泌を行うことができますが、十分ではありません。

インシュリン分泌の低下は生活習慣の乱れや肥満が原因で起こるとされています。
インシュリン非依存型と呼ばれ、これも血糖値が上昇します。
このような糖尿病は、骨粗鬆症になる可能性があります。
糖尿病の人は、健康な人より、約2倍、骨折のリスクが高まるといった報告もあるのです。

インシュリンとカロリー制限

糖尿病患者はインシュリンが不足しています。
インシュリンが不足すると、骨にも影響が出てきます。
骨形成の機能が低下し、骨形成にとって重要なビタミンDの生産も低下します。
そして骨密度が減少していくのです。

糖尿病で食事制限を行っている場合、カロリー制限が必要です。
やがて十分なカルシウムを摂取することができなくなります。
欠乏したカルシウムを補うため、骨からカルシウムが血中に溶け出します。
結果、骨がすかすかした状態になってしまうのです。

糖尿病と骨粗鬆症

糖尿病になると、同時に骨粗鬆症になりやすくなります。
特に女性の糖尿病患者はより骨粗鬆症になりやすく、注意が必要です。
もちろん糖尿病の人全てが骨粗鬆症になるのかというと、そういったことはありません。
糖尿病になると、骨粗鬆症のリスクがそうでない人に比べ高くなると言えます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加