骨粗鬆症を改善!骨太ねっと

-骨粗鬆症を引き起こす様々な原因を解説-

骨太ねっとトップ > 原因について骨粗鬆症になりやすい人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

骨粗鬆症になりやすい人

骨粗鬆症になりやすいタイプとして、まず女性であることが挙げられます。
骨粗鬆症は男性より女性の方が発症しやすいのです。
次に、運動不足でも骨粗鬆症になりやすくなります。
運動をして骨に刺激を与えないと、せっかくカルシウムをとっても骨になりにくくなってしまいます。

華奢な体系で食の細い人も骨粗鬆症になりやすい傾向にあります。
骨が細く華奢な人は、骨が太い人よりも早く骨が弱くなる可能性が高くなります。
また、食が細いと、カルシウム不足によって、骨粗鬆症になりやすくなると言えます。

骨粗鬆症を引き起こすもの

偏食だったり、過度なダイエットをしている人も骨粗鬆症になりやすくなるでしょう。
偏食は、カルシウム不足を引き起こします。
過度なダイエットは、骨を形成するにあたって重要な女性ホルモンのバランスを崩します。

さらに、遺伝的に骨粗鬆症になりやすい人もいます。
タバコの吸いすぎ、お酒の飲みすぎ、カフェインの摂取しすぎも骨粗鬆症になる原因の一つです。
さらに、リンの摂取しすぎ、塩分の摂取しすぎ、日光にほとんど当たることがない。
胃腸の病気があるなども、骨粗鬆症の原因になりえるでしょう。

加齢の問題

何よりも骨粗鬆症になりやすいのは、高齢者です。
骨の形成は成人までは盛んに行われます。
成人をピークに過ぎ、30代から40代まではその骨量は持続、増加します。
しかしそれからはどんどん減っていきます。
人間であれば誰しも起こる加齢も、骨粗鬆症の原因です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加