骨粗鬆症を改善!骨太ねっと

骨粗鬆症を引き起こす様々な原因を解説

骨太ねっとトップ > 骨粗鬆症の原因について

一般的な原因

骨粗鬆症はカルシウム不足により骨密度が極端に減っていく病気です。
主な原因は加齢による食生活の変化です。また、閉経が始まる中高年以降の女性、運動不足、偏食、過度なダイエットをしている人、腎臓、腎臓、甲状腺の病気がある人も骨粗鬆症の発症リスクが高くなりますので注意が必要です。
予防には規則正しい生活が非常に効果的ですので、若いうちから正しい生活習慣を身につけるようにしていきましょう。

骨粗鬆症を起こしやすい生活習慣
運動不足、過度な喫煙・飲酒、強いストレス、長期間の偏食などは骨粗鬆症を生じる原因になるため注意しましょう。
年齢との関係
一般に50歳以上の女性に多い特徴がありますが、若い女性でも偏食や過度なダイエットを続けることで発症する危険があります。
エストロゲンの減少による骨粗鬆症
エストロゲンは骨の分解速度を調節し骨量を維持する働きを持っているため、エストロゲンが減少すると骨粗鬆症を起しやすくなります。
女性の骨粗鬆症のリスク
閉経は骨量を調整するエストロゲンを減少させるため、骨粗鬆症を生じやすくなるのです。
骨粗鬆症になりやすい人
中高年以降の女性、運動不足・偏食が長期間続いている人、胃腸の病気がある人は骨粗鬆症を起しやすい傾向があります。

病気から骨粗鬆症へ

骨粗鬆症は加齢や生活習慣の乱れが原因で起こる病気ですが、中には他の病気が原因となり発症することがあります。
主な病気にはステロイド性骨粗鬆症胃切除などが含まれますが、特に注意が必要になのが糖尿病でしょう。インシュリン不足を起す糖尿病はビタミンDの生成機能が低下するため、骨の形成が進まず骨密度も減少します。
更に食事制限も必要になるため十分なカルシウムを行えず骨粗鬆症を進行させやすいです。

糖尿病の人
インシュリン不足は骨の形成に重要なビタミンDの生産も低下させるため骨密度の減少を起こしやすくなります。
ステロイド性骨粗鬆症
経口ステロイドを三ヶ月以上使用している人に起こる症状です。年齢や性別に関係なく起こるのが特徴です。
胃切除後も骨粗鬆症になりやすい
胃の切除によりカルシウム吸収量が減少するために起こる症状です。切除した人の約4割が発症するといわれています。