骨粗鬆症を改善!骨太ねっと

-骨粗鬆症を引き起こす様々な原因を解説-

骨太ねっとトップ > どんな病気なの?骨粗鬆症が起こりやすい部位は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

骨粗鬆症が起こりやすい部位は?

骨粗鬆症になると、骨折しやすくなります。
骨折しやすい部位は、背中や腕の付け根、手首や足の付け根です。
最も骨折しやすい部位をあげると、意外にも背中と言われています。
高齢者になると、背中がだんだん丸くなっていくことが多いです。

これは骨粗鬆症により、骨がどんどん曲がっていくことによって起こります。
そこから後ろに仰け反るような格好をすると、骨折してしまう可能性も。
重い荷物を持ったり、大きな段差を降りたり、しりもちをつくだけでも骨折することもあります。

骨折しやすいケース

腕の付け根や手首、足の付け根は主に転倒した際に骨折しやすい部位です。
他にもつまずいたり、ベッドから落ちるといった、
ちょっとした動作によっても骨折してしまう可能性があります。
骨粗鬆症の人は注意が必要です。
足の付け根を骨折すると、寝たきりになってしまうこともあるので、気をつけましょう。

気をつけるべき点

骨粗鬆症が起こりやすい部位は、背中、腕の付け根、手首、足の付け根です。
背中以外は、転んだ拍子に骨折してしまうことも少なくありません。
転ばないようにゆっくり歩くこともポイントです。

骨粗鬆症で起こる骨折は、意外にも気づかない場合も多いのです。
少しでも痛みを感じたら、病院に行くことが大切です。
高齢者の場合、周りの人が気をつける必要があります。
日頃から高齢者のことを考えてあげるようにしましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加