骨粗鬆症を改善!骨太ねっと

骨粗鬆症を引き起こす様々な原因を解説

骨太ねっとトップ > 骨粗鬆症とはどんな病気なの?

骨粗鬆症について

骨粗鬆症とは骨の密度が極端に低くなる症状をいいます。
主な原因は加齢、食事の内容や量の変化、生活習慣、閉経によるホルモン分泌量の減少です。骨の密度が低くなるため、内部はスポンジのようにスカスカな状態になっていきます。
当然、骨の強度が低くなるため、ちょっとした衝撃でも骨折を起しやすくなります。高齢者が骨折しやすいのは、実はこの骨粗鬆症を生じていることが深く関わっているのです。

骨粗鬆症とは?
カルシウムが減ることで骨がスカスカの状態になる症状です。加齢が主な原因だと言われています。
正常な骨と骨粗鬆症の骨の違い
骨粗鬆症を起している骨とは骨密度が極端に低く、骨の柱もなくなり、更にコラーゲンも不足している状態です。
起こりやすい部位はどこ?
骨粗鬆症による骨折は背中や腕の付け根、手首や足の付け根に起こりやすい特徴があります。転倒には注意しましょう。