骨粗鬆症を改善!骨太ねっと

~骨粗鬆症を引き起こす様々な原因を解説~

ちょっとしたことで骨折しやすい「骨粗鬆症」

ちょっと転んだだけなのに…
ちょっと手をぶつけただけなのに…
骨粗鬆症となると、今まで考えられないようなことで骨折してしまいやすくなります。
また骨粗鬆症は骨折だけではなく背が丸まってきたり、
腰や背骨に痛みを覚えたりすることもあります。
どんなことが骨粗鬆症に繋がりやすく、どのように予防・対策すればいいのでしょうか?
ここでは骨粗鬆症を改善・予防して活動的な生活を送るために、
「骨粗鬆症」にまつわる様々な情報を集めています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

骨粗鬆症ってなに?

骨粗鬆症はが大きく関わっています。骨にいったいどのようなことが起きているのか知っておきましょう。

  • その1. 骨粗鬆症とは?
  • その2. 正常な骨と骨粗鬆症の骨の違い
  • その3. 起こりやすい部位はどこ?

骨を詳しく知るならこちらから→骨について知ろう!

骨粗鬆症を引き起こす原因はさまざま

骨粗鬆症の原因として思い浮かぶのが加齢ではないでしょうか。
確かに加齢は大きな原因で40歳を過ぎるころからリスクは大きくなります。
ただ、年をとっても骨粗鬆症にならない人もいます。
それではいったい何が骨粗鬆症と関係しているのでしょうか?

ここでは骨粗鬆症を引き起こす様々な原因をピックアップして解説しています。

骨粗鬆症を引き起こす原因についてはコチラ

どのような症状が起きるの?

骨粗鬆症の症状

骨粗鬆症自体で起こる3大症状が、身長低下、背が丸まる、腰と背中の痛みです。そしてちょっとしたことで骨折もしやすくなります。
初期症状から骨折の特徴など、気になる症状について詳しくご紹介します。

骨粗鬆症と間違えやすい病気

骨粗鬆症と症状が似ているけど、実は別の病気ということもあります。骨が弱くなる病気はいろいろありますので、自己判断せずに気になる症状があれば病院で診てもらうこととが大切です。
ここでは骨粗鬆症と間違いやすい病気をご紹介します。

骨粗鬆症の診断基準 1. 大きな外力なしでの骨折/2. 骨密度が若年成人平均値の70%以下/3. 脊椎X線でll度以上の骨粗鬆症化/1つでも当てはまれば骨粗鬆症と診断されます。

病院で検査を受けましょう。

骨粗鬆症の診断基準は主に右の3つの項目があります。
ここではそのような検査項目や、検査方法、そして診断基準の詳細など、骨粗鬆症と診断に至るまでの検査内容をくわしくご紹介しています。

骨粗鬆症の検査について

治療はまず日常生活から。

骨粗鬆症と密接な関係にある骨密度。その骨密度を増加させるためにとても大切なのが日常生活での運動や食事、日光浴などです。
これらを医師の指導のもとで、適切に行うことで骨密度を増やし骨が強くなることが期待できます。
さらに骨量を増やす薬を利用した薬物療法も骨粗鬆症の治療に用いられています。

骨粗鬆症の治療